このホームページは吉田万三ホームページです。吉田万三ホームページでは、全てのページの先頭に、違うページに移動するためのリンクを並べています。また、それぞれのページには、「ページの先頭へ」移動するためのリンクを用意しています。「ひとつ前へ」を用いると、ひとつ前に表示していたページに戻ります。「トップページへ」で、吉田万三ホームページのトップページに移動します。今聞いているような説明を飛ばして本文に移動したいときには、「エンターすると本文にジャンプします」を用いると毎回の説明を省略できます。
エンターすると本文にジャンプします
トップお約束万三発言奮戦記予定表自己紹介応援団掲示板リンク

脱原発!子どもを守ろう
福祉・防災・中小企業支援のまちづくりをご一緒に 吉田万三ホームページ

医療・介護・福祉の充実こそ最大の防災!足立から全国へ大きな流れを!!

万三さんの写真:クリックすると大きくなります

万三さんの掲示板 にぎやか・のびやか・すこやか・あだち!
(登場 511人・投稿3502通)最新投稿7月15日

掲示板に番目のご訪問のひとこえを!

ひとこえ万三 14年1月22日 細川氏出馬に惑わされずに宇都宮勝利を訴える

 細川元首相が小泉元首相と組んで都知事選に出馬するという。ここ数日のマスコミ報道も舛添vs細川という世論誘導と思えるような調子が目立つ。さっそく菅直人氏などが反応したが、「細川氏への合流」などと言いだす人もいるので、私の見解を表明し、宇都宮勝利を訴える。

 大急ぎの意見なので、要点をしぼって述べることにする。

(1)本気で脱原発をめざすなら宇都宮健児

 「一本化」を主張する人は、何故まず細川氏より先に手を挙げている「宇都宮氏への合流」を提言しないのか。現時点での知名度では細川氏が上回っているということが大きな理由なのだろう。

 宇都宮選対は「公開討論会」を提案したが、案の定細川氏側は受けようとはしない。それだけではなく、青年会議所の公開討論会をはじめオープンな場所での討論会に細川氏も舛添氏もあれこれ理由をつけて極力出てこようとしない。

 同じ「脱原発」の看板を出していても、その中身を広く都民に知ってもらうことより、あまり関心が高まらないままの人気投票で「知名度の高い候補が逃げ切り」を狙っていることは明白である。政策論争などになって化けの皮がはがれることを恐れているのだ。

(2)変革の立場か、評論家の立場か

 私は、細川氏出馬の背景にある最大の要因のひとつは、昨年とくに秋以降の国民の様々な運動の高揚とりわけ「脱原発」「反TPP」につづく「特定秘密保護法に反対する運動」の急速な広がりがあると思う。

 暴走する安倍政権であるが、1年前の総選挙で実は得票はほとんど伸びていない。民主党が自滅し、小選挙区制のマジックで大勝したにすぎない。

 無党派層はもちろん保守層の中でも脱原発派は多く、安倍政権の暴走を心配する部分も水面下では広く存在している。(小泉氏もそのことを、独特の嗅覚でとらえているに違いない)

 夏の参院選では、5人区の東京で明確な脱原発の候補が2人当選している。要するに、舛添だけでは勝利を確信できないのだ。このままでは脱原発の票がかなり宇都宮に流れる危険もあるからこそ、多少のプラス・マイナスがあったとしても保守系脱原発候補が必要だったのではないか。

 裏を返せば、逆にそこに宇都宮当選の可能性もあるということである。ちなみに現時点での知名度では、舛添・細川・宇都宮の順のようだが、若い年齢層では、舛添・宇都宮の順で細川は意外と低いようだ。

 しかし、私たちは評論家や予想屋ではない。私たちの主体的な活動でこれを変えようと立ち上がっている。知名度アップだけではない。都政の転換とあわせて、「安倍政権の暴走にストップをかけることのできるのは宇都宮しかいない」と東京の各地で戦いが開始されている。

(3)最悪のコラボレーション

 徳洲会からの5千万円の裏金疑惑でやめた猪瀬前知事の後釜に、20年前とはいえ佐川急便からの1億円の裏金疑惑で首相をやめた細川氏が出てきたのでは、いくらなんでもめぐりあわせが悪すぎると私は思う。

 ところで1年前「宇都宮選対」で活動した弁護士の澤藤氏がそのブログで「宇都宮やめろ」と繰り返している。澤藤氏の発言についての私の見解は、別の機会にていねいに発言したいと思うが、1年前の宇都宮選対の様々な弱点の指摘にとどまらず、このことを的確に処理できなかった大きな責任は宇都宮氏にもあるとして、「そもそも宇都宮氏は大した人ではないから都知事なんかはとても無理」とまでエスカレートしている。

 個人的には、澤藤氏の胸中察するものもあるが、憤激のあまり「運動の前進にとってもっとも大切にしなければならないものは何か」を見失ってしまったご意見と「細川氏への合流を」がくっつけば、事ここに至って、宇都宮氏の勝利めざして立ち上がっている多くの都民の足を後ろから引っ張ることになるのは目に見えている。

(4)結論を急ぐ

 個人的な怒りは今しばらく抑え、評論家的な推測もしばらく置いて、宇都宮勝利に向けて力を合わせることを訴えるものである。

2014年1月22日 吉田万三


 1月19日のある講演会・集会の席で、澤藤氏と私にそれぞれ10分ずつ発言の機会が与えられました。その後澤藤氏のブログに一部紹介されたこともあって、どのような発言だったのかと聞かれることもあり、あらためて私の訴えを紹介しました。

 ここに載せた「訴え」は、当日の参加者に配布した1月15日付けの私の訴えから、個人名など一部削除し、一部加筆修正したものです。

(これまでのひとこえは「ひとこえ万三」をどうぞ)


まんぞうさんのあんだん亭万三さんの似顔絵:クリックすると大きくなります

ページの先頭へ ひとつ前へ

ご意見、ご感想、お問い合わせのメールは吉田万三ホームページまで